極度のあがり症克服・SAD・話し方の悩み克服方法ホーム 岩波英知先生のあがり症・話し方弱点克服プログラムの感想

極度のあがり症克服のやり方とSAD克服方法

蜘蛛の糸をのぼれば 極度のあがり症・SAD・話し方の悩み克服方法

第二章 カンダタ希望の記録

 

1.天才的な能力の先生と出会うまで……極度のあがり症とSADで人生を諦めていた

希代の天才心理セラピストの先生との出会いが僕の人生を変えてくれた

毎日やることもなく、インターネットをだらだら見ていた。もう極度のあがり症やSADを治す行動なんぞしてなかった。
本当は自分を強くするために何か行動していなくちゃいけないけど、日々をくさくさして過ごしてただけだった。
人生をあきらめていた気持ちが大ありだった。

疲れた、もうだらけてしまおう・・・。本当にやばいとこまでいっちゃってたなぁ、と当時を振り返ってみて思う。
無気力(どうせ変わりっこないんだ・・・・)に支配された。負け犬の人生・・・・。自分の人生なんてしょせんこんなものさ。

それもすべて極度のあがり症が悪い。
こんな症状になったら誰だってこうなるさ、下手をしたら自殺をしている。

自分を高める行動をしていなかっただけでなく、いつかあがり症を良くしてくれる人がいる、というくだらない期待だけを抱いてた。
何もしないで生きていたけど、頭の中はいつも考えに考えていた。そして精神的にも危機が迫っていた。

何をするにもやる気が伴わず、最悪のダメ人間になりかけていた。あれ以上進行していたら、うつ病になっていたかもしれないな。

「話し方」「社会不安障害」「対人恐怖症」「あがり症」「克服方法」「治し方」などと検索してみた。ただなんとなくだった。
この無意識の行動が、次の希望のある行動につながっていくから、人生はわからない! 
何かしらのアクションを起こすことはいつだって必要なんだなぁ。

検索に出てきて目にとまったのは、たくさんの話し方教室・各種の心理療法だった。
やっぱり話し方や極度のあがり症でみんな悩んでいろいろなところに通っているんだなー。

そのなかに、岩波先生の心理療法、克服プログラムのことについて書いてあり、すぐ目をひいた。とても興味を持った。
体験記を読んだら、何か違うし力がありそうな感じがした。そこで、他のページも検索してみた。かなり良くなった人が多かった。
実力が次元が違う心理セラピストだという。天才・鬼才・スゴ腕など評価されていた。あとはカリスマ的な要素を持つとか。

美容師や指導者にカリスマ性を持っている人がいるっていうことは、当然、心理セラピーの世界にもいるはずだし、それが僕がずっと待ち望んでいたものだった。
スポーツ選手に天才的なプレーヤーがいれば、その世界にもいるに違いない。偽物ではない本物の心理セラピスト・・・・。

何個も通ってきた人間にとって、信じられる人がいるかもしれない、というのは、大きな喜びと希望だった。
実際に天才的と思える人は実在したのだ! 

僕の場合いろいろな催眠療法、ヒプノセラピーを経験してきたから、比較したら天地の差があった。そんな人を発見したのだ。
催眠療法士がプロを名乗っていいのならば、岩波先生は超能力者といっていいくらいの能力差があった。

2.あがり症克服・神経症克服プログラムに通っていた方とのコンタクト

僕の一番の弱点の極度のあがり症・話し方・吃音(どもり)も、良くなるんだろうかと思った。
これが解決したら、こわいものはまずはなくなるッ! 
人と積極的に話せるし、仕事もバリバリできそう。自分に自信が持てて、楽しくなるはず。

ノブさんという方がSADなどの神経症体験記のホームページを作っていた(リンクはらせていただきます)。
しっかり読むと、僕と症状がけっこう似ていた。
国語の授業でつるし上げられ笑いものにされたトラウマなど、読んでいて涙が出た。

それに細かいところで、実際に悩んできた人ならではの体験記がちりばめられていて、嬉しくなった。
「嬉しい」といっても、微妙で、嬉しいような嬉しくないような感じだけど。

すごい先生の存在がそこに書かれていた。みんな評価が一致して、カリスマ性、能力が非常に高いというというもので、期待が高まった。
すごい! すごい!の一言。そんなに凄いと思わせるってどんなんだ? 凄いとしか言いようがないと言っている。

後々凄いとしか言いようがない体験(脳覚醒トランス状態のこと)をしたわけだけど、感動感激はきわまると凄いの一言しか出てこなくなるもんだ。
やばすぎるほどのトランス体験! ここまでならないと潜在意識からの解決やモチベーション向上は不可能とすら思える凄まじい体験! 

俄然興味が湧いて、ノブさんとメールで話してみた。僕の思ったとおりの人で、良くなった人でとてもうれしかった。
とても話をすることがあって、極度のあがり症のことでたくさん話した。

似ている人がよくなったということは、僕も良くなるという単純な考えで、うれしかった。希望がますます生まれた。

一つだけハッパをかけられた。あくまでも最後の所で己(の内面)と対決して打ち勝たなければいけない。
その覚悟さえあれば最高の方法だと言うことを。この言葉にやる気がマックスに高まった。

ノブさんもそうやって自分との対決でSADに大勝利を上げたのだ。
岩波先生は勝つための武器を授けてくれるとのことだ。ルパン三世の五右衛門の斬鉄剣なみの!

本当に僕のSADや極度のあがり症の気持ちを理解してくれた。細かい苦しみ抜いた心理までノブさんはわかっていた。

似た症状だったから、当然と言えば当然だ。それでいてとても向上心というか自分の中に厳しさを持っている人だった。

つらい過去を経験してきたにもかかわらず、闘志を消していなかった人なのだ。あー、こんな人がいてくれて助かった! と思った。
漠然と僕が探し求めていた人一号だった。

 

そして第二号は岩波先生だった。
この人は何ら何まで視点が斬新で特別すぎて、めちゃくちゃ面白い人だ。そしてその保有するノウハウの鬼才ぶりといったら。
ま、相性もあるけれど、大多数の人は先生のキャラクターに好感を持つと思う。とっても明朗活発で声が大きくて自分のペースで生きていている。

そして自信家だ。それでいて厳しいところもある。僕にとっては願ってもない心理の専門家だった。
けど、何より大問題が立ちはだかった。世の中には先立つものがないといけないという事実・・・・
岩波先生は飛行機で通ってくる人がたくさんいるほどの人気がある実力者だから、料金も高い。
一括払いだし大変だ。そこが問題だった。

3.あがり症克服プログラムを受けるためにお金の問題に直面して

そのカリスマチックな心理セラピストの連絡先を是非教えてもらいたかった。

ただ料金が高い。予約とりづらい。

もうこれは、親に言うしかないと思った。どういえばいいんだろう? 理解はされないだろう。僕のSADや極度のあがり症の症状を正直に話して、理解されるはずがない。そういう親だっ! 

僕の気持ちはノブさんしかわからない。いち早く岩波先生のところに通って、就職して、能力を発揮して働きたかった。

でも、お金は全くない・・・・。出世払いで借りるしかないッ と考えた。親に言えるだろうか? 自問自答しつつ閑雅すぎるのが僕の一番の欠点だと気づき、思い切って親に言ってみた。

どうしても、強くなりたい! と言った。必死だった。でもSADなどの症状は言わなかったと思う。間接的に告げただけだ。
このとき、すごく感情的になっていた、よく覚えていないけれど、僕が強くならないことには、何にも始まらないと親も思っていたのは確かだった。

滅多に出さない僕の感情的な言動も響いたのかもしれない。体面なんて気にしてられなかった(体面を気にしないで行動することの重要性を先生からも教えてもらうことになるが、このときに僕はできていた。だから成功の扉が開いたんだろう)。

人生がかかっている! このままSADでいたら自殺しなくてはならない。だから、感情的になって、涙を流しながらいった僕の熱意を、親は受け入れてくれた。

でも、症状についてはわかってもらえたとは思えない。そういうものだとノブさんのアドバイスもあり、そこは割り切った。

強くなる! 社会で通用できるような人間になる、これは悩み克服の他に、岩波先生に頼めば身につけさせてくれたし、ここまでどん底から引き上げてくれる人は絶対存在しないと思う。

強力な武器を装備させてくれるノウハウをふんだんに持っていた。僕が社会復帰して営業の仕事をするようになった時、一層実感することになる。

心理の専門家は数多くいても、熱意があっても技術が追いつかない人とか、その両方持っている人はいないだろう。

あがり症の克服、話し方の歪んだとらえ方、人間とはこういうものだというアドバイス、こうすれば良いという道筋、自己暗示の重要性、武器となる会話術(会話の格闘術というやつ)の教え、それらを総合的に教えてもらったり、身につけてもらったりして、壁を一つ一つ乗り越えていけた。

つまり僕はノブさんと岩波先生のが垂らしてくれた蜘蛛の糸を上っていくことになる。

4.あがり症/話し方の弱点克服プログラム通い始める

実際僕は、昔に比べて、信じられないほど強くなっていったし、親も喜んでくれた。

紆余曲折もあったし、克服過程で心理的ジレンマに陥ったこともあった。だが、それらも強くなるための通過儀礼に過ぎなかった。

もし親にわかってもらえずに、お金を貸してくれなかったとしても、(でも、絶対お金を借りてやる、それしかないという人生をかけたお願いだったから、失敗したらどうしようということは考えなかった。不思議!)、働いてお金を貯めようと思った。
とはいっても、この時期、親に借りられたことはとても大きいことだった。もしこの時期を逃していたら、予約からはじかれていたかもしれないから。

または大きく予約開始日が何ヶ月もずれていただろう。どうしても岩波先生のもとで悩みを乗り越えたいと思う人ばかりが予約が空くのを待っているから、タイミングが悪いとずっと待たなくちゃいけなくなってしまう。

思い切った行動が報われた事実は、考えないで飛び込むことの重要性をこの時点で僕に教えてくれた。絶妙のタイミングだった。

5.極度のあがり症・話し方の弱点を得てしまったルーツ分析

ともかく、僕は岩波先生のもとに通い始めた。噂通り、まさに天才的な鋭い先生で、僕の症状に二人三脚でけりをつけてくれた、一気にことが進んだ。
ルーツ分析の作業をするけれど、その内容はサイトにのっけてあります。実際はもっともっと詳しく書いています。

僕の極度のあがり症の原因、なんであがってしまうのか? 

こうやって僕の心を総合的に分析していった。ちゃんとわかってくると心が楽になってきたし、変に不安に飲まれることはなくなっていった。
今までの損したものを取り戻していくぞ! という前向きな気持ちも芽生えた(トランス状態が深まった時にやると劇的な効果が上がる!)。

感情を発散せず、内にため込んで抑圧としてしまい、無意識の病巣としてしまった原因をたどるといいと思う。
人間は感情の生き物であり、それが抑圧されたら心を病んでしまう。
そこに極度のあがり症や神経症の原因があるのだ。

僕はルーツ分析をしている時に嫌な過去を思い出して気分が落ち込んだこともあったけれど、すぐにルーツ分析作業自体が心の重荷を軽くしてくれるようになった。
過去を思い出せば出すほど、心が洗われたのだ。

先生から言われなくても、どんどん自分でもルーツ分析を進めていった。大体三日に一回は自分の人生を読み返しました。ルーツ分析をしているとき、「こうなって当たり前」と常に認識できることが、変な焦りを取り除いてくれた。

何も焦る必要はない、こんな過去の出来事があったんだから。焦らないって事は心に余裕ができてくるって事でもあった。

6.トランス状態(意識の変容状態)体験と暗示 凄いという感想と感激のみ

トランス状態という催眠状態の何十倍も、何百倍も深い意識が変容した状態というものがあるのを知っていますか? 
トランスなんてものじゃなく、ハイパートランスと呼びたいぐらい。

上に書いたような疑問や分析も、その状態であると、一気に心に定着できる。暗示が心にしっかり根付いていく。
心からわかる=揺るぎない信念になった。理屈じゃないのだ。

本で読んでも、いくら生き方の教えてもらっても、心に定着できない世界。それが潜在意識から定着できるから、なぜ悩まなくちゃいけないか、よくわかった。理屈ではなくて感覚でわかった。

感覚でわかっているから迷わない。考えず、これしかないと思えてしまう。それは信念であり、魂までしみこんでいた感じ。それが身に付いていった自分を誇りに思えるようになった。つまり自信が出てきた。傷ついても、へっちゃらな気持ちを含めての自信。

「よし、俺はできるし、やってやるぞ!!!」「見てろ、これからどんどん挽回してやる!」「やるのみだ!」こんなモチベーションも湧いた。
モチベーションが高まっている時は気持いい! 無駄に考えることはなくなった。単純明快にものごとや出来事をとらえられるようになった。

極度のあがり症の認知の歪みもなくなっていった。失敗してもいいじゃん、という割り切りもついてきた。むしろ「あがってやるぞ!」というモチベーションというか覚悟がついた。最初は長続きしなかったけれど、次第に定着していった。あとは実際にやることのみだ!

7.極度のあがり症が薄れていき、前向きな考え方に変わっていく

僕が培ってきた人への恐怖心もどんどん癒されていった。
悩んでしまうのは、悩んでしまう行為と性格と思考を持っているから、という当たり前のこともはっきり知覚できた。
僕が悩んでしまい気に病んでしまう、その精神構造もはっきりつかみ取ることができた。正体がわかる敵ほど、対処しやすいものはない。

ぶっちゃけ敵の一挙手一投足が、ぜーんぶわかる。だから、対策も簡単だった。対策をとることすら、次第になくなった。
空気がやわらかく僕を包んでくれた感じ。悩みが晴れていく時、すべてが軽やかで、あたたかい、やわらかい感じだった。
エネルギーも湧いてきた。

不安にさいなまれているときの、なんと自分が頼りないことか。それと完全に逆のベクトルが僕に働いていた。
なにせ「あがったらどうしよう」ではなく「あがってやる」になっているのだから。こういう思考は悩まない。いや、悩めない。

頼もしい、誇らしい、これが自信なのか。うれしかった!
そんなわけだから極度のあがり症だった僕でも、緊張がおさまってきた
好循環に入ったら、どんどんあがらなくなっていった。SADも改善に向かい始めた。

8.トランス呼吸法の訓練

僕が経験してわかったことは、ハイパートランス状態という意識が変わる状態が、岩波先生の誘導や指示によって、簡単に作り込めるということだった。まさに鬼才で独自につくりあげた技術体系だった。そして臨床でのデータもばっちりだった。

だから、家で呼吸法(普通の呼吸法じゃない)の訓練をするとき、僕は簡単にそんな世界に自力で入れるようになった。岩波先生の脳への条件付けで、しっかり、僕の脳が覚えているからだろう。その意識をすぐ引っ張り出せたから、どこでも、それを利用することができる。
呼吸法はめちゃ重要だし、ある意味生命の源だろう。
自律訓練法のCDの時とはまったくレベルが違っている。

緊張しないようにしようと思いこむことは、意識の上では、よけい緊張してあがってしまう回路になる。
でも、もっと深い潜在意識の中で、緊張する必要がなくなった時、生きていて一番うれしかった。変わっていく自分がうれしかった。
僕でもここまで気持が向上するんだと。いや、もともとの僕はこちらだったかもしれない。小学校の時もそうだった。

つまり青春期に経験したトラウマが一時的に偽りの僕を作り上げていたのだ。その姿を真実だと自分で思いこんでいた。
極度のあがり症の僕は仮の自分でしかない。
ただし潜在意識にまで入り込んでしまっているから、そこから追い出さなくちゃいけない。

そのための呼吸法の訓練だし、岩波先生の心理プログラムなわけですな。
この仕組みを知らない人は、すごい損をしていると思う。
(この文章を読んでいてもできないです、念のため・・・やっぱり理屈でわかっても・・・・心で感じ取らないといけません。自力は身を滅ぼします)

9.僕なりの岩波先生の評価

僕ごときが先生を評価するのは何ですが……岩波先生の言うことに何一つ矛盾がなかった。悩みようがない人間だった。
だけど、悩んでいる人の心を誰よりもわかってくれる人だった(かつては悩みを経験してきたそうです)。

鋭い技術とノウハウと洞察力を持ちながら、アットホームな雰囲気で、毎回毎回、通うのが楽しかったッ! 不安や緊張もしたけれど、それは試合に臨むアスリートの気分。

あらゆることについて豊富な知識を持っていた。その根底には魂をもっている人で、だからこそ、知識も知恵も存分に発揮できているのだ。
社会に出た時にとても勉強になった。反射神経も抜群の人だった。ここで言う反射神経は、頭の回転の速さと行動への転換だ。

態度がはっきりしている人だけど、冗談もよく言うし、気を使ってくれるし、逆に気を使ってくれない勘所をちゃんと心得ている。とっても明快な人で、朗らかであり、ときに厳しく為になることも言ってくれた。

まさに岩波先生のように自分のペースでズカズカと生きている人は悩まない。一緒に食事に行っても、初めての人とでも仲良くコミュニケーションをとっている。みんなの人気者にすぐなれる人だ。こんな人がいるんだと感心した。

あそこまで行かなくても、生きた証人がいるんだから絶対僕でもできると信じることができた。

人間の潜在意識はフロイトさんじゃないけれど、とんでもない深い世界を持っている。
潜在意識って、大脳の構造ともいえるかもしれない。潜在意識に限界はなく脳にも限界はないと思う。

誰も経験していないトランス状態の深さ。岩波先生しか味あわせてくれないと思う。
脳と潜在意識にどれだけ無限の可能性があるか、僕は悩んでいなかったらわからなかった。全く常識から外れているから、一生経験しなかっただろう。

一方で、潜在意識や脳は無限の可能性のせいで、逆に悩みが深く浸透してあがり症・神経症になってしまう。もっともっとこれからも研究されていい分野だと思う。
その人間の意志ではどうにも対処しようがない世界で、SADや神経症の人はトラブルに巻き込まれ、苦しみ続けている。
だけど、そこを自由に接触できる僕の先生は、すさまじい人だと思う。鬼才過ぎるっ! 

ハイパートランス状態の感動は、「!!!!!!!!!!」というものだ。あの感激、高揚感はたまらない。みんな最初からなるわけじゃないけれど、呼吸法をやっていけば必ず到達できる! 

あの極致の意識の変容を作り込めるのも先生一人だ。感激、感涙という心の栄養もそれだけで得られる。抑圧も抜けていく。暗示もかかりやすい。自己暗示も入るようになった。

超リラックス感。ある種のトリップ。宇宙を感じ、自分と対面できる。至福の時。マインドゲームというべき精神世界。そういう世界がある。

瞑想をやり抜いた人でさえ、瞑想の局地を越えている。無限の可能性を秘めている。

嘘だろう、どうせまがいものだ、騙しているんだといぶかしがる奴もいるだろう。でも、ここに書いていることは本当です。あまりに常識から飛んでいるからこそ理解されないかもしれないけど、文章で表現している以上にあり得る世界でした。

その感動こそが、人に伝えたい! という自然な感情につながった。素晴らしいものは素晴らしい、いいものはいいものだと叫びたくなった。

10.社会復帰と自信

通っている途中に、僕は社会復帰した。プータローだった自分に自信が出てきたし、やれるという確信もあった。モチベーションも高まっていた。

最初は長続きしなかったけど、定着してきたからだ。不安は最初はそりゃああった。ない方がおかしいのだ。
悩んでいる真っ最中の人は、不安がゼロになるだろうと思っている。そうじゃない。不安があっても突き進めるようになるのだ。
とにかく本格的に社会に入った。

最初は緊張もしたし不安もあった。でも自己暗示を入れて、逃げも隠れもしないでずけずけやってみた。

そこで、まともに働けることのすばらしさをはじめて味わった。ものすごい心の栄養になった! 
最初の不安もただの取り越し苦労。不安は自分の心で作りだしているものがほとんどだ。
弱点を背負っていない人が当たり前にやっていることを、僕は当たり前にできるようになった。
そして、いままで当たり前にできなかった分、もっと人より頑張ろうという気力が湧いてきた。

これって、一つ考え方を変えると、みんなが当たり前にやってきたことを今やっとできただけじゃん! と考えてしまって落ち込むところだが、前向きな気持ちでいられた。暗示の力かな。

親も喜んでくれた。僕も、子供の時のような、無邪気な何者にもとらわれない心というものを思い出しはじめた。
その途中、自意識という壁に僕は押しつぶされた。そればっかり強化していた。

極度のあがり症で昔きつかった場面、自己紹介、初対面の人、会食、休み時間、飲み会、発表、のちには営業でも、攻めの姿勢で貫くことができた。
一つ一つこなしていくたびに大きな自信になった。

これを読んでいる人は、考えて極度のあがり症を治そうとしているのかもしれない。でも考えていたら予期不安を増大させてしまうだけです。
やっぱり、攻めの姿勢で強気にズカズカとやっていってはじめて劇的にあがり症克服できる。

話し方の技術でも岩波先生の教え通り、上手に話す意識を捨てた。
もっと根幹に占める感情の伝達、大きな声での挨拶、はきはきした態度、言葉がつっかえてもいいから伝える心を常に持つこと、そして考えないで話すこと、心のベクトルを内向きに出はなく外向きに持つこと、暗示を入れて強くいること、時にはルーツ分析をして焦りの気持を無くしたり、いろいろなことで今ではコンプレックスもなくなったし、吃音もなくなっていった。

11.武器としてのコミュニケーション術(会話の格闘術)

もうこれからはプラスの連鎖で生きていける。確かな自信がある。
岩波先生の下で、コミュニケーション術(会話の格闘術とも言う)を学んだ。これは、ただの会話ではなくて、武器となるコミュニケーション術だ。

世渡りの達人しか持ち得ないものだし、それがあるから、世渡りの達人になれるノウハウだった。
これによって、僕の弱点だったものは、武器にもなった。
普通に暮らしていた人が、決して身につけることができないもので、とても大きな自信になった。

SADもどこかに消えていた。うつ状態はとっくに卒業できた。

生き様から自分を変えていくことの重要性。生き様こそ会話なんだと。コミュニケーションであり、オーラになるんだとわかった。
人と人との差はどこでできるかというと、生き様、つまり魂の部分だけなんだ。それを常に自分に言い聞かせて生きるようにした。だからますますコンディションがあがった。

引き籠もって、寝ているだけじゃ、絶対問題は解決しない。自分への信頼感は自分で創りあげるしかないし、そのために会話術という武器を利用すればいい。
上達もしていったし、 完全に良くなったんだ、としみじみ実感を味わっていた。

過去の惨状を思い浮かべ、現状のうれしさに涙が出ることもしばしばだった。 新鮮な感動だった。
生きることは感動することなんだという岩波先生の言葉を思い出した。確かにその通りだった。生きていて良かったと思えた実感だった。

岩波の言葉・講演集参考になるサイト、読むといいことが書いてあります。あがり症克服プログラムはこちら(良くなった人の体験談もあり)

12.極度のあがり症で潰されていた僕の垂らされた蜘蛛の糸をのぼって──

芥川龍之介の名短編『蜘蛛の糸』を思い出した。
お釈迦様が、地獄のカンダタを助けるために、蜘蛛の糸を垂らしてチャンスをくれた。
カンダタは結局は身勝手すぎるエゴイスティックな行為ではい上がれなかった。

でも、世の中には蜘蛛の糸は所々に存在している。
それが見えないだけだ。
僕の蜘蛛の糸は、岩波先生という方だった。もっと、いえばノブさんも蜘蛛の糸を垂らしてくれた。そして、僕は無事にのぼりきった。

みなさんは真の鬼才に会ったことがありますか?
僕は会った。
蜘蛛の糸はあなたにもぶら下がってます。

細いけれど、絶対切れない蜘蛛の糸を僕も垂らそうと思う。
そして糸を上までのぼりきる力を発揮するのは他でもないあなた自身です。

今までおつきあいありがとうございました。

カンダタ


☆☆MAILはこちら☆☆
( 極度のあがり症・対人恐怖症・緊張症・SAD・話し方に弱点を抱える方・コミュニケーション能力を上達させたい方・このままじゃ終わりたくない方 いつでもメール大歓迎です! 克服方法について僕の経験を教えることができます!)

極度のあがり症克服・SAD・話し方の悩み解消 岩波英知先生のあがり症・話し方弱点克服プログラム体験談
ホームに戻るには上のロゴをクリックしてください

蜘蛛の糸をのぼれば 極度のあがり症・SAD・話し方の悩み克服方法 HOME |

 

◎ カンダタの苦しみの記録(極度のあがり症・SAD・話し方トラブル)

◎ カンダタの希望の記録(神経症克服プログラム/あがり症克服プログラムにて)

◎ 通院・民間心理療法・施設の記録&カンダタが得た教訓! あがり症対策

◎ リンク(かつてあがり症やSADで悩んでいて良くなった人たち)

inserted by FC2 system